読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

48&46グループNEWS

48&46グループに関する新旧ニュースをお届けします。

AKB48グループのLIVEを楽しみたかったらMIXだけは覚えろ

f:id:RyotA:20160220155843j:plain

LIVEを楽しみたかったらMIXだけは絶対に覚えろ

AKB48グループを好きだけどまだLIVEに行ったことがない方は是非MIXを覚えてください。

MIXを覚えるだけでLIVEの楽しさが1000倍ちがいます!1000倍というのは結構マジメに言っています。

それだけMIXはAKB48グループのLIVEでは欠かせないものなんです。

そもそもMIXってなに?

アイドルヲタクなら絶対に知っておくべきことなので、これからアイドルヲタクになろうとしている方にMIXを1から説明します。

MIXというのは曲の前奏や間奏にアイドルもヲタクも含めた会場全体のボルテージをあげるために行われる掛け声です。

AKB48グループで使われるMIXは3種類あって『英語』『日本語』『アイヌ語』があります。

MIX『英語』

もっともよく使われるものが『英語』のMIXです。

タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー

歌番組なんかでこの『英語』のMIXを聞いたことがあるかもしれませんね。

この『英語』のMIXの掛け声をいう前に

あーーーー、よっしゃいくぞーーーー

と叫んでからMIXを打ちます。(MIXをするときは打つと言います。)

MIXをする曲で『英語』のMIXをしないときはありません。これは絶対に覚えてください。

MIX『日本語』

『英語』の次に使われているのが『日本語』です。

虎、火、人造、繊維、海女、振動、化繊飛除去

この『日本語』のMIXは特に間奏で使われることが多いです。

間奏で『日本語』のMIXを打つ前は

あーーーー、もういっちょいくぞーーーー

と叫んでからMIXを打ちます。

MIX『アイヌ語』

『英語』『日本語』と続けば次は『アイヌ語』です。

チャペ、アペ、カラ、キラ、ララ、トゥスケ、ミョーホントゥスケ

アイヌ語なので、ほとんど呪文にしか聞こえませんねw

意外に覚えれる

『英語』『日本語』はまだ覚えれそうだけど『アイヌ語』は覚えれるのが難しいだと思う子かもしれませんが、実際にMIXを打つようになると意外に簡単に覚えることができます。

なぜならMIXはリズムに乗って打つからです。

歌の歌詞もリズムがあると歌詞が出てきたりしますよね?それと同じような感じでリズムで覚えることができるんです。

MIXは絶対に覚えよう

MIXを打たないAKB48グループのLIVEはないので、絶対に覚えよう。

覚えているのと覚えていないのでは1000倍LIVEの楽しさが違いますから。